安全・安心への取り組み

KuruCo安全・安心への取組み

コープクルコでは取引先、生産者と連携し、「商品の素性の確かさ(誰が、いつ、どこで、何を使って、どのように作り、管理されて出来たものか)」を点検・管理し、安全・安心の裏付けをより一層確かなものにする為の取り組みを
(1)商品仕様の管理(原材料や製造、商品表示などの管理)
(2)製造施設の施設状況管理
(3)商品の安全確認検査
(4)製造・生産施設の点検
(5)牛肉トレーサビリティ法に基づく管理
などを通じ取り組んでいます。 

1.商品仕様の管理(原材料や製造、商品表示などの管理)

企画提案する商品について、その商品が、

・どんな原材料を使って、
・どこの、どのような施設で、
・どんな製造方法と品質管理が行なわれ、
・法令を遵守した内容や表示になっているのか、

などを、「商品仕様書」で管理しています。

また、その内容を検証確認するための証明書類や商品検査結果(微生物検査、残留農薬検査等)の提出を求め、点検、管理を行っています。

2.製造施設の施設状況管理

今までにコープクルコで取扱ったことがない製造施設が新規で商品を取り扱うにあたっては、商品仕様書の提出はもちろんですが、「製造施設等の点検申告書」を提出いただき、施設の概要や管理状況をチェックします。
その後、必要に応じて施設の立入り点検を行ない管理状況の確認を行なった上で商品取扱いの判断をします。

3.商品の安全確認検査

商品の検査につきましては、
(1)商品提案時の商品仕様書と併せた検査報告の点検
(2)商品特性に応じたコープクルコでの抜取りの商品検査

(3)残留農薬検査
産直農産物を中心に実施します。一律100成分検査と品目別に過去、現在の栽培履歴に基づいて使用される可能性のある成分を中心に検査を行っています。

(4)放射性物質汚染検査
検査対象商品は、農・水・畜産物・牛乳、乳製品・乳児用関連商品を中心に新潟県、長野県、静岡県以北の東日本産を中心に初回入荷時から 約65検体/週を目途に検査します。

また、各取引先や日本生協連へも引き続き、商品検査や必要に応じて主要原料などの検査を依頼し、検査成績の提出を求め、点検していきます。

4.製造・生産施設の点検(07年度 80ヶ所→08年度 110ヶ所を実施)

商品の製造・生産施設の立入り点検には、
(1)既存施設の定期点検
(2)新規取扱いにあたっての事前点検
(3)苦情発生時の調査、点検
(4) (1)〜(3)の改善指導後の改善確認点検
など、施設の管理状況や商品仕様の確認点検など点検内容、項目に基づき、立入り点検を実施しています。

点検時においては、「製造施設等の点検申告書」や「商品仕様書」の内容、項目に基づき適正に管理や製造がなされているかを点検します。
 ・ハード面・・・施設・設備管理
 ・ソフト面・・・(1)原材料・添加物管理、(2)製造工程管理、(3)衛生管理、(4)帳票類管理など
問題点や改善の必要があれば、一緒に確認しながらレベル向上できるよう点検時や文書などで施設に対して改善の要望を行います。